SS紹介,新世紀エヴァンゲリオン2020,アンチ・ヘイト,オリ主,原作知識,憑依

主人公は2000年代初頭、二次創作ブームの終わりごろにエヴァFFを愛読していた少年の一人だった。

そして時は流れ2020年、成人して就職もして原作知識もおぼろげになった頃、男は憑依体験をする。

『アラサー元自衛官リーマン』がシンジ君に憑依ってマジかよ!

ミリタリー・自衛隊ネタで贈るエヴァンゲリオンファン・フィクションです。

28歳元自がシンジ君に憑依する作品。

自衛隊ネタといってもRVボックスや(64式世代の)銃剣など、フルメタルなパニックと比べれば、リアルなネタが多く、原作知識を活用して使徒を倒していくのがメイン。ところどころに某特車二課も感じた。

エヴァSSって第7使徒辺りで中だるみするSSが多い中、これは一定のペースで最後まで走り抜けた完結作。多分これだけで貴重と言えそう。レイがまさかの成長を遂げたり、最後も独自ハッピーエンドを迎える。

SS紹介,新世紀エヴァンゲリオン2020,R-15,アンチ・ヘイト,オリ主,ハーレム,原作知識,憑依

気がついたら碇シンジ君だった件──。

知らない天井からスタート、シンジ君憑依なんて最悪の状況。

さらに初号機は動きません、中身が違うんだから当然だろJK。

知るかんなもん! どーすんのよ、コレ?

2020年の劇場版3週連続放映時に登場したエヴァSSの一つ。

気が付いたらサキエル戦後のシンジ君になっており、原作に従おうとしたが初号機とシンクロ出来ず、原作知識を活かして零号機と和解、シンクロして使徒と戦っていく…という作品。

原作知識あるからS2機関も序盤から使っていくし、零号機をはじめエヴァの心が具現化したというオリキャラが多数登場、主人公のヒロイン枠に収まっていくのが特徴。リツコさんの科学がマッハで崩れていく。

SS紹介,オリジナル2020,R-15,TS,ガールズラブ,女オリ主,憑依,現実世界,転生

現代から現代へ
死んだ男がとある女に憑依転生。
いわゆるTS。
ただしそれを簡単に受け入れるには、男は自分の人生を生き過ぎた。

ゆえに困惑。

これは訳アリ女性にTS転生した男が困惑しつつ、どうにか女としての人生を生きられるまでをシミュレートした日常の物語である。

あらすじ通り、現実の少女にTS転生(憑依)してしまった男が少女の家族に気まずさも感じながら旅に出て居場所を探す作品。

旅の道中、主人公が配信者として駄々洩れ配信しながら旅をしていく、というのが面白くく、所々のリスナーの反応が新鮮味ありますね。旅の中で自分の居場所を見つけていく過程が見えるようで、なんとなく心あたたかくなる作品でした。一章完結しており切り良いところまで読めます。

お姉ちゃん最強という姉好きにもオススメ。

SS紹介,オリジナル2020,R-15,アンチ・ヘイト,オリ主,チート,憑依,戦記

朝起きて、鏡を見たらスターリンになっていた!

権力の座から離れた瞬間に暗殺される――
逃げ道は自殺か、スターリンをやるかのどちらかしかない。


仕方がないのでスターリンをやって、自殺は最後の手段として取っておくことにした話。

あなたがスターリンになったらどうしますか?

二次大戦前のスターリンに憑依。中身が偽スターリンに代わったことを悟らせないように各国を相手に暗躍して理想郷の設立と自身の保身を目指す作品。

山本五十六視点の紺碧の艦隊ソ連版と言えば近いか。ドイツが技術チートなら、こちらは外交チートのサクセスストーリー。大戦戦記物が好きな方に特にオススメ。

SS紹介,艦隊これくしょん2014,R-15,TS,オリ主,憑依,転生

 自宅で艦これをプレイ中に落雷で死んでしまった主人公。神様の気まぐれか、彼は死ぬ寸前に轟沈してしまったお気に入りの艦娘である「金剛」と対面する。
 金剛は自分の体を差出し、主人公に二度目の生を与えた。そうして、彼は「コンゴウ」になった。
 これは、艦娘となり生まれ変わった元ベテラン提督である主人公が、「艦隊これくしょん」の世界で新米提督と共に新たな人生を精一杯歩む物語。
 いつかまた、愛しい〝彼女〟に胸を張って再会するために……。

二度目の人生は艦娘でした

金剛Loveな提督(艦これプレイヤー)が金剛にTS憑依転生するSS。

艦娘への憑依は割とある設定だけど、金剛の人格が残っている(ような伏線)は珍しい。主人公は金剛との区別に自身を「コンゴウ」と呼ぶが、コンゴウっていうと他作品もあったり、ARPコンゴウのイメージが強いよね。

憑依後は女性提督の鎮守府にドロップ艦として所属することになるが、主人公は金剛にゾッコンだからか、GL要素やTS要素は低く、金剛姉妹やほっぽちゃんの話が多め。

SS紹介,オリジナル2020,R-15,TS,ガールズラブ,ボーイズラブ,勘違い,原作知識,女オリ主,憑依,最強

クソのように性根の腐った男が、ゲームのクソみたいな悪役である偽聖女にTS憑依転生してしまった。
憑依先がクソで憑依した魂もクソ。
クソとクソが合体事故を起こして偽聖女クソオブザイヤー!

偽聖女クソオブザイヤー

ギャルゲーの悪役偽聖女にTS憑依転生。己の保身のため、原作とは違い聖女ロールを精一杯頑張るSS。

TSしても精神は男なので、主人公は男に興味全くなし。だけど周りの男はそうでもなく…。これはもう2020年TSオブザイヤーでいいんじゃないですかね。

完結もあって最近週間ランキング落ちしてるけど、勿体なさすぎる。

SS紹介,オリジナル2020,R-15,TS,原作知識,女オリ主,憑依,転生

転生して女に生まれ変わった紅葉秋音は、ここがホラーゲームの世界だと気づく。
しかも最大にして最悪のハードモードなホラゲー『ユウヒ―青の防衛戦線―』のメインキャラクターの一人だった。

紅葉秋音というキャラクターができるのは弓道部としての天才的な力のみ。しかし転生した秋音は弓なんてしたことがなく、特技も何もない状態だった。

「ハードモードどころかナイトメアモードじゃねえか!!」

ゲームにおいて、遠距離攻撃が得意な秋音は必要不可欠な存在。
負け続ければ、いつか死ぬ。そんな恐怖に怯えていたある日、彼女は思いついた。

「そうだ、知識しかないなら主人公に全部押し付けちゃおう! あいつなら頭脳特化だし、いい方法が思いつくはずだ!」

死亡フラグを抱えた秋音は、生きたいがために主人公の神無月鏡夜と手を組むことに決めた。それがホラーゲーム崩壊のきっかけとなることを知らずに……。

ホラーゲームに転生させるとか、神は俺を嫌っているようだ

主人公がTS転生だけど、TS世界が性別どころか命に関わる問題を抱えており、また主人公以外の視点も度々入るからか、TSっぽさは特になし。

ホラーは珍ジャンルだし、あらすじからライトなホラーだろう…と思ったら、途中から展開が不穏になり、どんどんガチホラーになっていく。妖精マジこっち来んな!

調整次第で書籍化やゲーム、コミカライズも十分ありそうな高クオリティ要素。

Fate,SS紹介2019,R-15,オリ主,原作知識,憑依,戦記

「あ、ありのまま今起こったことを話すぜ。死んだとおもったら魔神柱の幕間見て、能力もらってSNワカメ(ZERO時代)に憑依してた。しかも、何故か第4次始まりそうなのにまだ冬木にいて、蟲の爺さんはニヤニヤしながらこっち見てくる………僕オワタ」

これは死亡フラグが乱立する型月世界の不遇なワカメに憑依してしまった狂人が、自分の生存を目指した結果、捻じ曲がった運命に抗っていく物語。

「つまり、僕の苦労話じゃねーか!」

憑依ワカメ奮戦記

メイトの帰り道にトラックに轢かれ、第4次開戦前の間桐慎二に憑依。憑依のせいか目覚めた魔術回路と蟲達を武器に、原作知識も駆使して、生き残りをかけた戦いが始まる…。

本人は否定気味だけど、ロアナプラの大尉もびっくりの戦争狂。そんなオリ主率いる蟲はもちろん戦闘狂…。士郎って誰だっけ、と言いたくなる程に独自展開とオリ主が濃ゆくておすすめ。蟲の見方が変わるSS。