「俺はみほエリが見たかっただけなのに」

そして忘れてはならないが俺は逸見エリカとも仲良くならねばならない。

俺がみぽりんとエリカの二人と仲良くなって二人を巻き込んで絆を深めることでみほエリの土台を作り上げるのだ。

そう、俺の転生人生はこの二人で百合の花園を作り上げるためにあると言っても過言ではない。

この二人に、離れ離れになる運命など存在しない、それを証明してみせる……!

「勝手なあらすじ」

みほエリのために私生活を滅して黒森峰に入るために猛勉強。

みほエリのために私生活を滅して装填手の鬼畜訓練。

みほエリのためにみほに代わって川ダイブレスキュー。

みほエリのために黒森峰と西住流のヘイト買って大洗に転校。

大洗で好感度MAXのみほにあすなろ抱きされる。←原作スタート

「所感」

主人公エリがみほエリ好き狂い。二人の仲を深めるはずが、自分へのフラグを立ててしまうあほの子。

どれだけフラグが立っていても、好感度MAXになっていようと、みほエリこそが至高と考えてフラグ回収しない真っすぐさにみほが不憫になるSS。

平成最後のガルパンおすすめと言われたらこれになった。