「年の離れた妹がアイドルをやる? ちょ、待てよ!」

ピッ、と慌てて電源を切るも時すでに遅し。恐る恐る振り返ると、凛が複雑そうな表情を浮かべて俺を見ていた。

「……ごちそうさま」

静かにご飯を食べ終えた凛は流しに食器をつけて鞄を肩にかけた。

「いや、な。誤解だから、事実無根……というわけではないんだが……ああ、いや、ちょ、ま――ちょ、待てよ!」

「勝手なあらすじ」

日高舞と同時期に大活躍した男性アイドル、SNKの渋谷拓海。その人気はどんなドラマに出演しても視聴率50%は確定、「つーか」「マジで」「ぶっちゃけ」といったワードを流行らせるなど日高舞にライバル視される程のものだった。
訳あって芸能界を離れた拓海だが、数年後、拓海の妹凛が346プロのシンデレラガールズに勧誘を受け、アイドルデビュー!
かつてアイドルに人生をかけた拓海は凛をきっかけに346プロで様々な役割を果たしていくことになる。

「所感」

元ネタはご存知あの方。主人公は唐変木不器用猪男というラブコメ風な性格で、読んでいて楽しいコメディーさもある。
わちゃわちゃ感がアイマスっぽく、ニュージェネレーションズが好きなら一層楽しめる。

 
え、興味ないから読まないって!? いや、ま、ちょ、待てよ!!