「 蒼き鋼のアルペジオ―灰色の航路―」

お前たち霧の艦隊を全滅させることだ

「勝手なあらすじ」

千早群像の妹、千早紀沙は霧の艦艇と共に日本を出奔した父と兄に続く、3人目の霧の艦長である。
父と兄は母と紀沙を残して日本を去った。その原因をムサシとイオナ(イ401)、延いては大海戦に現れた霧認識して憎む紀沙。
北良寛に引き取られ、何故か紀沙の前に現れたスミノ(イ404)を自らの艦に、日本軍唯一の霧の艦として兄を連れ戻すため霧の海を追うのだった。

「所感」

霧とは、アドミラリティ・コードとは何か。なぜ千早家が揃って霧と関連したのか。原作でもまだ明らかにされていない要素を独自解釈で上手く取り込んでいる。
原作改変というか、設定もストーリーも完成していて原作を超えと言ってもいいのでは…。
特にアニメ版の中途半端感を感じた人は是非読んでほしい。数少ないアルペジオSS。

原作メンタルモデル達のぼのぼの感はあまりなく、ギリシャ悲劇かDeadSpaceが近い。