「Fate/stay night ~剣の女王~」

今この瞬間、私は――『衛宮士郎』と――――まったく別の『何か』になった。

「勝手なあらすじ」

原作通りランサーに襲われた士郎、召喚したセイバーの指摘で自分が何故か女性化していることに気付く。
復讐対象の士郎が女性となっていたことに驚くイリヤは士郎にキリカと名付け、むしろ味方をすることに。
自分の魔術が女体化のトリガーになった凛は放っておけず、魔術の師としてキリカを教育しつつ、イリヤと3人で聖杯戦争に挑むのだった。
そんな凛の教える魔術には宝石魔法も含まれており、キリカは望まず、第二魔法に手をかけることに…。

「所感」

一言で言うなら、FateドタバタTS日常SS。
TSして変わったのは性別だけではなく、主要キャラがキリカに協力的で、聖杯戦争も比較的平和に進む。
凛の魔術講座が始まってからが本編で、中盤以降は第二魔法が色濃くなり、倫敦編では凛、ルヴィアの3人と第二魔法が主題。

Fateの魔術と魔法をアクセントにTSらしくGLも精神BLも織り交ぜた作品。大変読みやすい。

  • おすすめ:★★★★★
  • 公開:2004年
  • 所蔵:WhiteWind
  • 配架:Fate/stay night ~剣の女王~
  • 原作:Fate
  • 状態:完結
  • ジャンル:TS・原作改変