SS紹介, ポケットモンスター2019, オリ主, クロスオーバー, ハーレム, 勘違い

 

「ワタルさん、大丈夫? 本当はどこかに怪我してたりしない? 急に泣き出しちゃったからアタシも心配したんだからね? 」

「私もです。ワタル様は何事もご自分の中に溜め込まれる癖がありますので、時にはそれを皆さんと共有することも大切ですよ……? 」

「だから、これからはもう少し私のことを頼ってね、ワタルくん。貴方が頼ってくれるなら、私も……その、頑張る……から……」

「……心配させてしまってすまない、皆。だが、それでもこの距離は流石に近すぎるのではないか?」

「「「何か問題でも? 」」」

「……いや、君達がいいのならそれで構わないさ」

破壊光線に自分にしか分からないルビを振って使ってたらとんでもないことになった。

鈍感勘違い思考でハーレムを築き、手持ちのドラゴンタイプ達が「約束された勝利の剣」もかくやという破壊光線(厨二ルビが付き)でフラグを立てる。

そしてワタル以上に過剰思考なカンナ達が行き過ぎて面白い。


SS紹介, アイドルマスター2016, TS, クロスオーバー, 最強, 転生

「ふぅ、暑っつ~。ビール! ビール!」

 四人でレッスンを受けた後はコメットのプロジェクトルームに戻りました。冷蔵庫からキンッキンに冷えたノンアルコールビールを取り出し一気に煽ります。

「かぁ~!」

 犯罪的だっ……! 美味すぎるっ……!

「やれやれ、レッスンが終わった途端にそれかい?」

俺ブラック企業社員がアイドルになりました

トキ(北斗の拳)と「全く同じ能力」を転生特典にTS転生した精神年齢50代のアイドル、七星朱鷺。清楚系を目指すものの、能力と言動からバラエティー向け超人アイドルとして数々の伝説を生み出し、346のやべー奴扱いをされてしまう。

前半20話程度はよく居るオリ主アイドルだが、一度本性を見せるとお前のような奴が他に居てたまるか、な最強系SSになる。(ただしオリ主はメガトンコインのため最強にはなり切れない)

これまで1~2話読んでスルーしていたのが勿体ないほど面白かった。

雑記

本年もよろしくお願いします。

新年気持ちも切り替えるべく、白ベースのサイトデザインから黒ベースに外観を変更しました。スマートフォンの電池が節約出来るよ!
また、一覧の視認性を上げるために記事を短くして全文表示とし、個々のページをクリックせずとも読めるようにします。

これに伴い、従来記事下部にあったリンクは引用下に移動、タグ類は上部にまとめます。さらに、最下部にSS原作へのアフィリンクを追加させていただきます。著作権OKな原作画像張るのにとても便利。

これまでの記事も順次、新デザインに更新していきます。
今後もどうぞよろしくお願いします。

SS紹介, ガールズ&パンツァー2018, 原作知識, 最強, 転生

そして忘れてはならないが俺は逸見エリカとも仲良くならねばならない。

俺がみぽりんとエリカの二人と仲良くなって二人を巻き込んで絆を深めることでみほエリの土台を作り上げるのだ。

そう、俺の転生人生はこの二人で百合の花園を作り上げるためにあると言っても過言ではない。

この二人に、離れ離れになる運命など存在しない、それを証明してみせる……!

俺はみほエリが見たかっただけなのに

  • みほエリのために私生活を滅して黒森峰に入るために猛勉強。
  • みほエリのために私生活を滅して装填手の鬼畜訓練。
  • みほエリのためにみほに代わって川ダイブレスキュー。
  • みほエリのために黒森峰と西住流のヘイト買って大洗に転校。
  • 大洗で好感度MAXのみほにあすなろ抱きされる。←原作スタート

主人公エリがみほエリ好き狂い。二人の仲を深めるはずが、自分へのフラグを立ててしまう。どれだけフラグが立っていても、好感度MAXになっていようと、みほエリこそが至高と考えてフラグ回収しない真っすぐさにみほが不憫になるSS。

平成最後のガルパンおすすめと言われたらこれになった。

SS紹介, ポケットモンスター2016, 原作知識, 最強, 転生

「他にも“テレポート”を駆使して攻撃を回避したり、相手の背後を一瞬で取ったり、よくよく考えたらやっぱり“テレポート”ってぶっ壊れ性能と思うんですよねー。エスパータイプ最強説」

 “テレポート”は、他の漫画やアニメでいうなら最強格のキャラクターが使用する空間操作のソレに等しい。

 空間使い=強キャラはお約束なのだ。

「お主、どこでそんなキチガイな発想を手に入れたんじゃ?」

 わお、ドン引きである。

 出所は前世なので教えることはできません。精神病院に突っ込まれること間違いなしだから。

我輩はレッドである。

怪我をしたラティアスがついカッとなって看病しようと近づいたレッドにサイコキネシスかけたらそのショックで前世の記憶が蘇って原作知識でウハウハするレッドとゆかいな仲間たちの冒険録。

ポケモンSSの中でも初期シリーズを舞台にしているため「ポケモンって151匹じゃねぇの?」って人でも難なく読める。

レッドは原作知識があっても(対ロケット団を除き)非道にも外道にもならない根が良い子。グリーン、ブルーと3色トリオでコメディしながら概ね原作通りに進む王道展開だが、ピカ様が男気出してたり、どうしてこうなった展開もある。

とてもSSらしくて好きな部類。

SS紹介, 艦隊これくしょん2018, TS, ガールズラブ, 憑依

1:20XX/08/01

 えー今日から艦娘になります赤城です(半ギレ)

 こんなクソ暑い日に靖国から喚ばれたため安価で容姿と性格を決めることにいたしました

 ↓3髪

海に舞い降りた名無し:20XX/08/01

 嘘やん…!

海に舞い降りた名無し:20XX/08/01

 こんな雑な安価で容姿決められるとか辞めたくなりますよ~艦娘ぅ~

 金髪ポニテ

海に舞い降りた名無し:20XX/08/01

 ばっかおめえ黒ロングにきまってんダルルォ!?

赤城さんの頭ん中

艦娘の赤城になることが決定している赤城の中の人が実は某掲示板風なレスで生きているというSS。基本スレ形式。提督が不憫でならないけど、こんな赤城さんだったらむしろご褒美なんだろう。

一応主人公(スレ主)が主導権をもっているものの、基本安価で行動を決めるため、スレ民の粋な心遣いを100%反映したカオスな言動に溢れ、初っ端から変人扱い。

がんばれ加賀さん、がんばれ提督、きっと報われる日が来るハズ。

変人で変態で常識に囚われない赤城さんが見られるのは、これまでもこれからもこのSSだけに違いない。

SS紹介, アイドルマスター2018, オリ主

「大丈夫よ、ちゃんとやれるわ」

「飲みすぎもダメだよ?姉さん酒強いからってたまに、いや毎回酔うまでとことん飲むから」

「だ、大丈夫よ心配しなくても。そんなに毎度毎度酔ってないわよ?」

「心配なのは姉さんじゃなくて巻き込まれた周りの人のことだよ」

「あ、はい」

楓さんの弟はクールで辛辣な紅葉くん

高校1年生となる高垣楓の弟、高垣紅葉。紅葉のクラスには城ヶ崎美嘉が居るのだが、家ではズボラな姉のこと以外はあまり興味もないようで、城ヶ崎の名前が「カリスマ」だと思ってしまうほど無関心。

そんな紅葉の周りにはアイドルの卵が集まるのだが、でもそんなの興味ないとばかりにサバサバの紅葉君にヤキモキするシンデレラガールズの苦労SS。

楓さんが駄姉でとってもキュート。その駄楓度は七実さまのところといい勝負じゃなかろうか。向こうより短いのが残念だけど、駄楓が好きなら連休中にサクッと読めていいと思う。

SS紹介, 艦隊これくしょん2018, オリ主, ハーレム

皆がこちらを見つめるのを確認してから口を開く。

「司令官には、司令官になる人にはね、艦娘の最大保有数っていうのがあるの」

皆が私の言葉を飲み込めない様子でこちらを見ている。

「最大・・・保有数?」

僕の艦隊これくしょん ~提督になれば艦娘とイチャラブできると思っていた~

提督には艦娘を把握、指揮するために必要な適正、最大保有数が必要であり、その数は概ね40~70程度が常だった。そんな中、最大保有数測定不能というチートな提督と彼の艦娘との日常劇。

提督で艦娘もある程度持っているところからお話がスタートする、美味しいところメインのSS。艦これSSらしく、ブラック鎮守府とかも出てくるが、最大保有数という設定をめぐってニャーニャーする艦娘が何より可愛いなぁ。

SS紹介, アイドルマスター2018, 女オリ主

もうこれ以上は私がここにいる理由はないだろう。

「私がアイドルになれるとすれば・・・顔出しNGのアイドルでしょうね」

そう私がつぶやいた瞬間、俯いていた武内さんが急に顔を上げた。そして、私の手を両手で優しく握った。

「それです!顔出しNGのアイドル・・・私はいいと思います!なってみませんか、貴方だけのアイドルに」

顔だしNGのアイドルA

目つきの悪さに自信があるボッチ女子大生、浅間 凪はアマギというHNで歌い手をしていた。
好きな歌を歌い、コメントにほっこりしていたところ「アイドルになってみませんか?」というメッセージが連日届くようになる。
迷惑も感じながら電話先に連絡すると、自分と同じくらい目つきの悪い武内プロデューサーが居り、流れ流され、顔だしNGのアイドルデビューを果たすことになってしまった。

時系列はデレステ。顔出ししないから原作キャラとの関わりも少な目。
アマギの歌が売れすぎで私Tueee状態。でも彼女は面白く感じておらず、歌が凄過ぎてアイドルになったものの、顔出しNGにコンプレックス感じちゃうアマギ、マジどうしょ…ってSS。

SS紹介, アイドルマスター2017, 女オリ主, 転生

そう、私の役は、民衆の不安不満に火を付け、それを煽る扇動者としてのアイドルだ。
それを、アイドルと呼んでよいのか、疑問の余地があるが、少なくとも、過去に同様のアイドルが居なかった事は間違いない。
だが増毛P、安心して頂きたい。

我々は、歴史に学ぶ事が出来るのだ。

アイドルは労働者(仮)

デレマス世界にTS転生した安曇玲奈は就活で346プロダクションを志望する。
しかし転生直後から積み重ねた22年の面接対策は”やりすぎ”だったようで、採用に伴い346内部で玲奈を取り合う事態に…。
そんな水面下の戦いを制したアイドル部門の増毛Pのもと、玲奈は346社員として、シンデレラプロジェクトとは全く異なるプロデュース方法でアイドル業務に勤しんでいく。

TS転生・前世知識持ちだからかドライながら、自分の売りも分かっていて積極的に売り出していく姿は、まるで頭脳系小悪魔アイドル!

プロデュース方法がアイマスっぽくなく、幼女戦記とかエースコンバット好きな人もきっと楽しめる。てかライブで演説するアイドルとは。